里山で美しく生きる。

作物と未来の農業者を育てる

アスパラギン酸は新陳代謝を促し、疲労回復やスタミナ増強に効果があります。

 

十勝の5月の最高気温は7℃から30℃となんと20℃以上の温度差。半袖の作業着を着て汗をかく日もあれば、片付けた冬用作業着を引っ張りだし、ご近所さんとの会話も「冬みたいね~」なんて日もありました。こんな気温差がアスパラをも美味しくするんですね。今年も畑でたくさん、勢いよく顔を出しました。やはり旬のアスパラは甘みがあって美味しいですね。

アスパラはスープやグラタン、天ぷらなどいろいろな料理に万能な食材ですが、この甘みと歯ごたえを大切にしたいので、さっと蒸してオリーブオイルと塩・コショウで食べてみてはいかがでしょうか?旬の素材の味をぜひ楽しんでください。

そして、今年の春は札幌近郊から農業系の女子高生が我が家の農場に実習に来ました。この高校は毎年2年生の時に「十勝実習」があります。高校3年間通して道央、道東、道南の農家に実習に入りいろいなスタイルの農業を学びます。実践を通して農業を学び、初めて会う農家と衣食住を共にすることで人間的にも一回りも二回りも成長します。連日芋の箱詰めや芋の撒きつけでしたが、何を感じてくれたでしょうか。 将来は農業に関わる仕事がしたいと話していました。どんな仕事も笑顔で丁寧にこなしてくれた彼女の夢が叶うことを願っています。

この記事を書いたのは…
尾藤優子

十勝の旬の野菜の情報を専門家の視点から発信するシニア野菜ソムリエ。十勝の農業をPRするというミッションの下、自然の厳しさや優しさを、野菜を通じてお届けします。

十勝のグルメ 里山の生活 野菜を知ろう 食の担い手たち