里山で美しく生きる。

北海道のお雑煮ものがたり

全国お雑煮マップにも北海道はのっていませんね…

 

北海道の食文化には、もともと”お雑煮“はありませんでした。北海道には古くからアイヌ文化がありましたが、このアイヌ文化にお雑煮がなかったからです。北海道のお雑煮は、明治時代に入植した開拓者の出身地のお雑煮が混ざり合ってできたと考えられています。十勝は富山県、岐阜県からの入植者が多く、昆布とカツオの出汁に醤油、具材は鶏肉、大根、人参、ゴボウ、椎茸などに焼かない切り餅。とっても具だくさんのお雑煮です。

子供のころは当たり前に食べていたこのお雑煮ですが、今思えば、秋に収穫し、貯蔵していた根菜類でお正月のご馳走を作っていたのでしょう。ビタミン類や食物繊維たっぷりの、北海道らしいお雑煮に思えます。

みなさんはお正月にどんなお雑煮をいただいたのでしょうか?それぞれの土地のお料理にはいろいろな物語があって調べてみると面白いですし、そこへ出向いて食べてみたくなりますね。

この記事を書いたのは…
尾藤優子

十勝の旬の野菜の情報を専門家の視点から発信するシニア野菜ソムリエ。十勝の農業をPRするというミッションの下、自然の厳しさや優しさを、野菜を通じてお届けします。

十勝のグルメ 里山の生活 野菜を知ろう 食の担い手たち