里山で美しく生きる。

あなたも夢の一員です

食料自給率1200%、想像つかないですよね(笑)。日本の食糧基地 十勝・芽室町。間もなく収穫がスタートするスイートコーン(とうもろこし)は、生産量日本一!その糖度は17度。なんとメロンと同等です。その甘さにはビックリします!

さて、昨年“本厄”の僕が出逢ったのが、MEMUROワインヴァレー構想。

「どんなことをやるかより、どんな人が集うかが大事」。この構想をきっかけに、様々な人と人が繋がり、まちがイキイキと動き出しています。2020年、夢の一品(ワイン)がリリースされる頃、さらに多くの人が集い、多くの人にとって、この地が「里山」になっているはずです。

ある方が教えてくれました。「努力を超えるものがある。それは夢中になること」。今、多くの人の想いが詰め込まれたMEMUROワイン誕生という夢の中にいます。夢中になれることに出逢い、このまちがさらに好きになりました。

芽室産ブドウは、芽室産ワインを誕生させ、それは芽室産の笑顔を生み出すことでしょう。

この記事を書いたのは…
渡辺浩二

芽室町役場のエースで、地球で一番芽室町を愛している男。芽室町をもっともっといい町にするために、東奔西走する日々を送る。寝言で「コーン炒飯食べてますか?」と言ったとか言わないとか。

ワインヴァレー構想 里山の生活 食の担い手たち